チラシの種類

Type

6つのタイプから目的に合ったチラシをセレクト

効果的なチラシを作るには、まず「目的」を明確にすることが必要です。見込み客を発掘するのか、既存顧客の再来店を促すのか、目玉商品やお買い得セールの情報発信など、チラシのテーマを決めます。
目的に応じてチラシの種類も変わります。見込み客を発掘するのであれば、資料請求やお試し価格での商品提供などの情報や電話番号・メールアドレス・店舗地図などお客様との窓口をできるだけ大きく書く必要があります。また、初めてのお客様に安心感を持って頂くためには、店長や店員の似顔絵やメッセージを加えるのも効果的です。


【A】定期告知チラシ

繰り返し効果で、品揃えの豊富さをアピールできるチラシ。
露出頻度を高くし、リピート率向上に繋げます。
イベントなどで紙面を変え変化を持たせる事も効果的です。

【B】特別・記念セールチラシ

イベントや創業祭などの記念日に合わせて打つチラシ。
セールやバーゲンのワクワク感を演出する事で、購買意欲アップに繋げます。

実例を見てみよう!!

【C】売り尽くしセールチラシ

店舗改装で在庫一掃する際などに打つチラシ。
折り込み頻度が少ない為、特別感をアピールでき、タイトルを大きくしインパクトを出すとより効果的です。

実例を見てみよう!!

【D】イメージチラシ

写真等でイメージを大きく打ち出すチラシ。
商品に合った写真を使用する事で、イメージがより強く確実に伝わり、商品の魅力を一層引き立たせる事が可能です。

実例を見てみよう!!

【E】イベントチラシ

展示会や抽選会などの、イベント情報を知らせる為に打つチラシ。
楽しく賑やかな雰囲気を演出し、イベントの魅力を伝える事で、集客アップを目指します。

【F】新発売チラシ

新発売商品の情報を伝える為に打つチラシ。
チラシで告知する事で、詳細な情報を確実に消費者に、お届けする事ができます。

実例を見てみよう!!

良いものを!!楽に!!早く!!安く作りたい!!
ページトップ