環境について

eco21

近年、ダイオキシン・地球温暖化といった様々な環境問題がクローズアップされる中、地球環境への関心は年々高まっています。
福山エビス印刷では、従来より「棄てるものを少なくする」という考えのもと、「環境整備に関する方針」を規定し、全社的に取り組んで参りました。
しかし、これからの企業においては法規制を守るだけでなく、生産活動において環境に及ぼす影響を低減させることにあると考えております。
私たちは、環境保護に対しての責任と自覚を持ち、かけがえのない地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、環境省が策定した「エコアクション21」を取得いたしました。
今後も環境マネジメントプログラムの継続的改善を推進し、企業活動を通して社会へ貢献いたします。

エコアクション21認定・登録証

環境方針(エコアクション21)

「エコアクション21環境活動レポート」
PDFデータ(PDF/1.5MB)

【基本理念】

福山エビス印刷株式会社は、地球環境に対する影響を最小限に抑えるため環境汚染・健康と安全の維持を重要課題とし、これを継続的に取り組み、次世代に住み良い地球と豊かな社会を残すことを目指します。

【基本方針】

  1. 環境へ配慮した経営活動を推進することにより、作品・サービスへの社会的価値とグリーン購入により一層の社会的貢献に取り組みます。営業活動を通じて当社もお客様のエコを推進します。リサイクル対応型印刷物の作成の推進、分別廃棄の推進。
  2. 生産活動において「棄てるものを少なくする」ことを原点にした行動について規定し、永続的な運用のため継続的に改善を行い、資源及びエネルギーの削減・効率利用に努め、汚染の予防に取り組みます。
  3. 環境負荷を軽減するために、次の活動を進めます。
    • 二酸化炭素排出量の削減に努めます。
    • 廃棄物排出量を削減し、分別することにより、リサイクルの推進。
      「棄てるものを少なくします」
    • 水資源の節約に努めます。
    • 化学物質の取扱はMSDSに従いより安全な使用と廃棄に努めていきます。
  4. 環境に関わる法規制を順守し、お客様の要求事項を明確にし、管理を行います。
  5. 基本理念に基づいたエコアクション21マネジメントシステムを確立し、そのサイクルをまわすことにより継続的改善を図ります。
  6. この環境方針は全ての社員、従業員に周知徹底し、社員教育を実施します。
    また良いと気付いた時は即始め、悪いと気付いた時は即止めます。必要に応じて見直しを行い、環境保全型企業を目指します。
  7. 環境への取り組みを環境活動レポートとしてとりまとめ公表します。

○社会的信頼と業績アップ!あらたな視点が会社・社員の危機を救います。

制定:2010年7月1日
代表取締役会長 小田俊三郎
【認証・登録番号:0006547】
認証・登録日 2011年1月28日

ページトップ